秦野市エリアガイド公園 > 県立秦野戸川公園

県立秦野戸川公園

県立秦野戸川公園の菜の花

丹沢の山々に囲まれていて、水無川も流れている自然がいっぱいの県立秦野戸川公園です。

まさに緑と水の街、秦野市を代表する公園と言えるでしょう。

もちろん大きさも秦野市内の公園の中でも1、2を争う広さなので、敷地内を全部歩こうと思ったらかなりの時間を要するでしょう。

季節によって桜・菜の花・チューリップ・紫陽花(あじさい)など様々な花を楽しむことができます。

特に6月の紫陽花(あじさい)はとても綺麗です。

また子供用の遊具もあり、子供を遊ばせつつ大人も楽しめる公園です。

駐車場はちゃんとあるので車でOKですが、平日は無料、週末は有料(500円)です。

県立秦野戸川公園:風の吊り橋

県立秦野戸川公園に入ってまず目に付くのは、「風の吊り橋」です。

「風の吊り橋」は県立秦野戸川公園のシンボルとも言える橋です。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、かなりの大きさです。

橋から見える景色が良く、天気がいい日は特に気持ちがいいです。

県立秦野戸川公園に来たら、是非、渡ってみることをおススメします。

 

ここからは県立秦野戸川公園で見ることができる花を紹介します。

県立秦野戸川公園の桜

4月の初めから中頃にかけて見られるのが入口付近に並んでいる桜です。

ソメイヨシノなどと比べるとちょっと遅めに咲くようなので、ちょっと遅めのお花見に最適です。

県立秦野戸川公園のチューリップ

桜と同じ時期に見られるのがチューリップです。

写真の赤・白以外にも黄色や紫など、綺麗なチューリップでいっぱいになります。

あと、最初の写真の通り、春は菜の花も綺麗です。

県立秦野戸川公園のあじさい

そして、6月の中旬ぐらいから紫陽花(あじさい)を見ることができます。

駐車場から「風の吊り橋」、さらに下へ降りていく階段付近にかけて、白、青、紫、ピンクなどいろんな色、形の紫陽花(あじさい) でいっぱいになります。

是非、行ってみてください。

 

次に子供の遊び場を紹介します。

県立秦野戸川公園:トランポリン

まずは写真はトランポリンです。

子供に人気の遊び場で、白い古墳のような形のビニールの上で子供たちがピョンピョン跳んではしゃいでいます。

そして、その横で保護者も一緒にピョンピョン跳んで喜んでいたりします・・・(^_^;

県立秦野戸川公園:アスレチック

で、その近くにアスレチックもあります。

ちゃんと幼児用と子供用で表示があって分かれているので、遊ばせやすいと思います。

そんなに大きなアスレチックではありませんが、そんな活発ではないうちの子には丁度いいようです・・・(^_^;

県立秦野戸川公園の水無川

暖かくなったら、公園内を流れている水無川も子供の遊び場になります。

夏はたくさんの子供でいっぱいになります。

川原は日差しを遮る物がないので、パラソルやテントを持っていくといいでしょう。

公園の管理事務所でもテントの貸出(100円)をしているので、利用しましょう。

 

その他にも野球場、バーベキュー場、茶室等もあり、大人から子供まで楽しめる公園になっています。

私は家族で弁当を持って(買って)ちょくちょく行きます。

水無川の川原で山を見ながらボケーっとしているだけでも癒されます。

いい空気をたっぷり吸って、日ごろのストレスを発散しましょう。

 

[ 公園 ]

当サイトについてと免責事項

  • 秦野市エリアガイドは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

カテゴリ

メール
  • メール
2007 copyright(c) 秦野市エリアガイド All Rights Reserved.