秦野市エリアガイドイベント > 初午祭

初午祭

初午祭

毎年2月の初午(はつうま)の日に白笹稲荷神社で開催される 「初午祭」です。

初午祭の当日は白笹稲荷神社の前の道路が交通規制され、多くの出店が立ち並びます。

秦野駅からは臨時のバスも運行(16時最終)され、多くの人で賑わいます。

白笹稲荷神社に駐車場はありますが、初午祭の当日は大変混み合うため、車ではなくバスを利用することをおすすめします。

初午祭の交通規制

初午祭の日は白笹稲荷神社周辺の道路は交通規制され、歩行者専用道路になりますので、子供連れでも安心して来れます。

白笹稲荷神社の周辺まで来ると、出店は見えていなくてもおいしそうな匂いが漂ってきます。

初午祭の出店(南小学校前)

白笹稲荷神社前の道路の様子です。

南小学校の前からたこ焼き・バナナチョコレート・いか焼き・カステラ・お好み焼き・焼きそば・たい焼き・大判焼き・こんぺいとう・ らくがきせんべい・やきとり・人形すくいなどたくさんの出店が並んでいます。

初午祭は曜日関係なく初午の日に開催されるため、小学校がある日でも開催されます。

小学校から祭りの様子は丸見えだし、体育の授業とかグランドに出ようものなら、出店からのおいしそうな匂いも届くと思うので、 小学生は祭りに行きたくて、授業どころではないでしょう。

初午祭の出店(白笹稲荷神社前)

さらに白笹稲荷神社に向かって進んでいくと、人通りも多くなって、出店もフランクフルト・いちご飴・わたがし・お面・ 広島風お好み焼きなどさらにバリエーションが増えてきます。

今回は行った時間が早かったのと、雨がパラついていたせいもあって人通りはちょっと少なめでしたが、この辺りから混雑しています。

初午祭の珍しい出店

初午祭では油揚げやいわし、おこし、唐辛子など他のお祭では見かけないものが売っています。

油揚げはお稲荷さんへの供え物として、おこしは「家をおこし、名をおこす」という縁起物のようです。

おそらく、いわしや唐辛子なども何かいわれがあるのだと思います。

白笹稲荷神社境内

参拝の様子

白笹稲荷神社の鳥居をくぐった辺りからは、多くの参拝客で賑わっています。

出店を楽しんだ後は、参拝していきましょう。

当サイトについてと免責事項

  • 秦野市エリアガイドは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

カテゴリ

メール
  • メール
2007 copyright(c) 秦野市エリアガイド All Rights Reserved.